DX推進をサポートする情報サイト

 お問い合わせ 
プロフィール
技術者向け技術情報
TOP >技術者向け技術情報

【Webサーバ】Lamppのインストール

2022-07-23
LinuxのPaas等PHP、MySQLをすぐ簡単に使えるLamppのインストール方法をご紹介します。
※ご紹介させて2018年に作成したものそのまま転記しており現在のバーションとは異なります。

<構築の流れ>

 ・Lampp(WebサーバやDBのソフトウェア)のダウンロード
  ※フリーで利用できるOSS(オープンソースソフトウェア)です。
 ・Lamppのインストール
 ・Lamppの設定

1)ソフトウェアのダウンロード

ソフトウェアは下記サイトよりダウンロードできます。
https://www.apachefriends.org/jp/index.html
上記サイトに表示されている下記の絵
をクリックしてダウンロードして下さい。

2)ソフトウェアのインストール

ダウンロードしたファイル「xampp-linux-x64-8.1.6-0-installer.run」をWinSCP等使い下記へ配置下さい。
/usr/local/src

・インストールの実行
					$ cd /usr/local/src
					$ chmod 755 xampp-linux-x64-8.1.6-0-installer.run		
					$ ./xampp-linux-x64-8.1.6-0-installer.run				
						Enter Y			//全て Y で

3)OS設定

・PATHの設定
					$ vim ~/.bash_profile				
					  PATH=:/opt/lampp			を追記
					  PATH=:/opt/lampp/bin		を追記
・自動起動設定
					$ ln -s /opt/lampp/lampp /etc/rc.d/init.d/
					$ chkconfig lampp on
・firewalld設定
		
					$ firewall-cmd --list-all --zone=public --permanent				//現在の設定の確認		
					$ firewall-cmd --add-service=http --zone=public --permanent		//httpポート
					$ firewall-cmd --add-service=https --zone=public --permanent	//httpsポート			
					$ firewall-cmd --add-port=3306/tcp --zone=public --permanent	//mysqlポート	
					$ firewall-cmd --reload											//FireWall再起動
					$ firewall-cmd --list-all --zone=public --permanent				//FireWallの恒久設定
・Lamppの起動
						$ /opt/lampp/lampp start

4)アプリケーション設定

・httpd.confの編集
					$ vi /opt/lampp/etc/httpd.conf				
						173行目あたり
							User deamon からユーザ名に変更
							Group deamon からグループ名に変更
						246行目あたり
							<Directory "/opt/lampp/htdocs">の欄の
							#Options Indexes FollowSymLinks ExecCGI Includes	//コメントアウト
							Options FollowSymLinks ExecCGI Includes				//追記
					
・httpd-languages.conf編集
					$ vi /opt/lampp/etc/extra/httpd-languages.conf
						20行名あたりの# DefaultLanguage nl	//#をはずし下記に修正
							DefaultLanguage ja
						最終行に下記を追加
							AddDefault+Charset utf8
・php.iniの編集
					$ vi /opt/lampp/etc/php.ini
						1000行名あたりの
						#date.timezone = Europe/Berlin		//コメントアウト
						date.timezone = Asia/Tokyo			//追記

5)MySQLの設定

・my.cnfの編集
						$ vi /opt/lampp/etc/my.cnf	
							[mysqld]の欄に下記を記載(文字コードをUTF-8とする)
							character-set-server = utf8
・MySQLセキュリティ設定(rootパスワード等)
						$ mysql_secure_installation	
							Enter current password for root (enter for none):
							Switch to unix_socket authentication [Y/n] n
							Set root password? [Y/n] Y
							New password:*******
							Re-enter new password:*******
							Remove anonymous users? [Y/n] Y
							Disallow root login remotely? [Y/n] n
							Remove test database and access to it? [Y/n] Y
							Reload privilege tables now? [Y/n] Y

6)phpmyadminの設定

					$ vi /opt/lampp/phpmyadmin/config.inc.php		//config.inc.phpの編集
						$cfg['Servers'][$i]['user'] = 'root';
						$cfg['Servers'][$i]['password'] = '*******';	//mysqlのパスワード
								
						#$cfg['Servers'][$i]['controluser'] = 'pma';	//にコメントアウト
						$cfg['Servers'][$i]['controluser'] = 'root';	//にコメントアウトはずす
						$cfg['Servers'][$i]['controlpass'] = '*******';
								
						$cfg['TempDir'] = '/tmp/';		を追記

					$ vi /opt/lampp/etc/extra/httpd-xampp.conf		//httpd-xampp.confの編集
						#
						# New XAMPP security concept
						#
						<Directory "/opt/lampp/phpmyadmin">	
							# Require local にコメントアウト
							ErrorDocument 403 /error/XAMPP_FORBIDDEN.html.var
						以下を追加
							Require all granted
						</Directory>