DX推進をサポートする情報サイト

 お問い合わせ 
プロフィール
技術者向け技術情報
TOP >技術者向け技術情報

【Linux】サーバのRSAキーを使ったパスワード無し接続

2022-07-30
 WebサーバのPHPプログラムファイルやDBのダンプファイルのバックアップを自動で取りたく設定しました。
Webサーバのレンタルサーバ2台を借りておりコストをかけずに片方のサーバへコピーさせバックアップとして活用してます。

■設定記述

	■接続元のSVにて公開鍵の作成

		$ ssh-keygen
			Generating public/private rsa key pair.
			Enter file in which to save the key (/home/ユーザ名/.ssh/id_rsa):
			Enter passphrase 何にも入れない
			Enter same passphrase again: 何も入れない

	■接続元のSVより作成した公開鍵を接続先にコピー

		$ ssh-copy-id -i ~/.ssh/id_rsa.pub 接続先ユーザ名@接続先IPアドレス
  			Are you sure you want to continue connecting (yes/no)? yes
			接続先ユーザ名@接続先IPアドレス's password: パスワードを入れる

	■接続元のSVより接続先SVへのログイン ※これを必ず1度実施のこと

		$ ssh '接続先ユーザ名@接続先IPアドレス'

						
<解説>
 この設定により、下記のコピーコマンドがパスワード無しで動かすことができるのでシェル等に組み込み
crontabで自動起動が可能となります。

$ scp コピー元のファイル 接続先ユーザ名@接続先IPアドレス:/home/接続先ユーザ名/コピー先のフォルダー名/

同じようにssh で接続し古いファイル等を削除することも可能です。